2013年05月20日

日本からタイに国内通話代だけで国際電話をかける方法


日本から(タイを含む)海外に国内通話代だけで国際電話ができるサービスを発見したのでご紹介します。

タイに彼女がいて毎日国際電話してる方、タイでナンパした彼女を口説きたい方、仕事で海外に電話をかけることがある方必見です。

それはメディアコールズという会社が提供するサービスを利用します。

通話までの流れは…

03-5050-7302に電話⇒⇒国番号+(始めの0を抜いた)相手先番号の入力⇒⇒20秒のCMが流れたあとに通話開始。

03-5050-7302までの料金はかかりますが、海外への通話料は、スポンサーが負担してくれますので、無料です。

タイへの通話でしたら、固定電話でも、携帯電話にかけても無料です。

このサービスを使用すれば、相手の携帯の電源が入っていれば通話可能。時間制限も基本的になく、何時間でも通話可能。(国内電話料はかかります)

まあ恋人同士なんかはLINEで無料通話してるでしょうから、一番利用価値があるのはビジネス利用ででしょうね。東京にあるか大企業が全ての国際通話にこれを利用したらかなりのコスト削減になりますね。

数年前私が日本からタイに電話する時なんて、KDDIの国際電話カードを買ってたんですけどね〜 本当に良い時代になったもんです。

アメリカ本土(アラスカ、ハワイを除く)、カナダ、中国、香港、シンガポール、タイの6カ国は、相手の電話機が固定でもケータイでもつながります。韓国、台湾、イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデンの6カ国は、相手の電話機が固定電話のみにつながります。

年収が下がっただ、なんだ言われてますが、10年前はお金を出して買っていたものがどんどん無料で手に入る時代になってます。ですので10年前年収400万の人と、現在の年収300万の人を比べたら、現在の年収300万の人の方が相当裕福な暮らししている気がします。

新聞、DVD、漫画、ゲームなんかもネットで手に入るわけですから、家で遊ぶ系の娯楽はホントにお金がかからなくなりましたね。


posted by 歌麿 at 13:20| 電話関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

タイでの携帯電話どうしてますか?


今日は、ナンパの必須アイテム携帯電話についてのお話。

最近はローミングサービスを使う事で、海外でも日本の携帯が使用できるよう
になりました。

便利なのですが、料金が非常〜に高い!!

発信だけではなく、着信にも料金が加算されます。
またタイ国内での利用でも料金はかなり割高になります。

携帯会社によって料金は若干異なりますが、大体以下の通りだと思います。

日本への発信 150円/分 タイ国内への発信70円/分 着信180円/分
メールやWEBサイトなどのデータ通信料はさらにボッタクリです。

女の子との会話で10分、日本から友人が電話してきて10分、携帯電話から
YAHOOなどで、タイの情報をチェック。これだけで、すぐに1万円行ってしまいます。
YOUTUBEなど動画を見たらすぐに数万円の請求になります。

旅行費用を節約したのに、携帯代の方が高くなったなんてことになりかねません。

これを防ぐ為、タイで携帯を買ってしまった方が良いです。

タイでは、日本とは異なり使う分だけ先に支払うのが主流ですので、携帯を買う際に
日本のような煩わしい手続きは一切ありません。

携帯購入→シムカード購入→通話する分だけ通話カードを購入してチャージ。これだけ。

当方が利用しているDTAC HAPPYですと、シムカード開通手続きから1年間有効になります。
通話料金は、初めの3か月が2.5円/分 その後5円/分になります。
日本への通話も009−81−0を省略した日本の番号でかければ、約20円/分になります。
当然ですが、着信料は、タイ国内、日本からとも無料です。
シムカードを利用できる期間は、チャージするごとに延長されます。
(100バーツチャージすれば、1か月延長など)

チャージした分使い切ってしまった場合は、通話カードがコンビニで売ってます
ので、レジにいる店員さんに「ディーテック100バーツ」てな感じで伝えましょう。

タイ国内で1時間電話した際の比較

ローミング(日本で使用している)携帯 9000円
タイの携帯               150円 

いかにローミングがボッタクリか、タイの通話料が安いかわかっていただけたと思います。

タイの高級ショッピングセンターなんかだと高い携帯しか売ってなかったりしますので、
MBKで買う事をお勧めします。

場所は、サヤームスクエアや、パラゴンなんかの近くです。
MBK4階、5階は、ほとんどが携帯電話、ゲーム、PCなんかのお店です。
高級品から安物まで、そして新品から中古まで売ってます。1軒だけで決めず何件かで
値段を聞いて、最後に値下げ交渉をしてみましょう。数百バーツ下がるはずです。

中古は当たり外れが大きいですし、新品、中古で値段がそんなに変わらないので、安い
のでいいので、新品を買った方が良いと思います。
posted by 歌麿 at 00:01| Comment(0) | 電話関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。